シェルラブ/CO2インキュベータの最近のブログ記事

こんにちは。

先日、第87回日本組織培養学会の企業展示に出展しましたので
ご紹介します。

今回の学会のテーマは「実用化を指向した先端培養技術」ということで、
弊社関連製品の恒温槽ビーズバスと高熱滅菌CO2インキュベーターを
展示させていただきました。


アルミ製ビーズを使用するビーズバスは
このように形も大きさも違う任意の容器を
自由な深さと角度で加温できるのが最大の特長です。


今回は、CO2インキュベーターの実機運転も行い、
CO2濃度の安定状況もデモンストレーションいたしました。

展示した3552タイプは高温でのチャンバー内滅菌機能を装備し、
日本薬局方に合致した180℃×120分の乾熱滅菌が可能です。


東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。
【理化学製品】凍結保存容器ローケーター小型電気炉恒温水槽嫌気性チャンバーPFA容器遠心瓶

こんにちは。コードNo003です。

ウォーターバスやドライバスを使用した加熱作業で
非効率的だと感じたことはございませんか。
 ・加熱の度に水温が上昇するのを待たなくてはいけない
 ・継続的に水を補給しなくてはいけない
 ・容器の形状に合わせたブロックが必要 などなど

弊社で販売中の直径2~5mmのアルミ粒『ラブアーマービーズ』、
ご使用中のウォーターバスにこのビーズをご使用いただければ
ビーズドライバスとしてご利用可能です。

容器をアルミ粒に埋め込んで加熱するため、
ボトル・試験管・マイクロプレートなど、
蓋の有無に関わらず、自由な深さと角度でセット可能。

ウォーターバスと違い水の蒸発がないため電源を入れたままにでき、
いつでも加熱可能。微生物発生のリスクも軽減できます。

ウォーターバスのように容器が水に浮かずラックも不要。
従来のドライバスのように容器ごとのブロックも不要なため、
備品コストも削減可能です。


◆製品の資料はこちら◆ ⇒ ラブアーマービーズ


       ▼ぜひお気軽にお問い合わせください▼
─────────こちらからお問い合わせください─────────


東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。
【理化学製品】凍結保存容器ローケーター小型電気炉恒温水槽嫌気性チャンバーPFA容器遠心瓶

こんにちは。コードNo003です。
少し前になりますが、シェルラブCO2インキュベーターが
日経サイエンスに掲載されましたのでお知らせいたします。

製品の詳細情報はこちら⇒CO2インキュベーター
シェルラブ製品の詳細情報は⇒シェルラブ
シェルラブ日本公式サイト⇒理化学機器ブランドシェルラブ


東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。
【理化学製品】凍結保存容器ローケーター小型電気炉恒温水槽嫌気性チャンバーPFA容器遠心瓶

こんにちは。コードNo003です。
いやはや、早いですね、一年過ぎるのは。。。
街中はすでにクリスマスモード、忘年会の予定もチラホラ、
年初に立てた目標を虚しく眺めるのは私だけかしら??

さて、東栄では今年から『バクトロン』という
嫌気性チャンバーの取扱いを始めました。
アメリカのシェルラブという理化学機器ブランドの製品ですが、
ある特長で全世界的に知られている製品なのです。

それは『素手で作業ができる』ということ。
↓↓↓百聞は一見にしかず↓↓↓


通常の嫌気性チャンバーは厚目のグローブが組み込まれていて
そこに手をはめてグローブ越しに作業をするのですが、
指先を使うような繊細な作業には限界があり、
作業時間も正確性も満足なものではありませんでした。

それらの不便さをすべて解決した『バクトロン』が
世界の研究者に支持されているのもうなづけます。
実際にアメリカで同機を使用されていた研究者が帰国して
日本の研究室にわざわざ導入されたという実例も。。。

シェルラブ製品には、バクトロンの他にも
CO2インキュベーター、一般インキュベーター、恒温水槽など
様々な理化学機器がございます。


バクトロンの詳細情報は⇒バクトロン
小型嫌気性チャンバーもございます⇒バクベーシック
シェルラブ製品の詳細情報は⇒シェルラブ


東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。
【理化学製品】凍結保存容器ローケーター小型電気炉恒温水槽CO2インキュベーターPFA容器遠心瓶

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちシェルラブ/CO2インキュベータカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサーモライン/研究機器です。

次のカテゴリはゼテックス/耐熱繊維です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。