サーモライン/研究機器の最近のブログ記事

こんにちは。コードNo003です。

日頃のご愛顧に感謝し、
2014年3月31日までに凍結保存容器をご注文のお客様に
 ・ローケータープラスには『四輪輸送台車』
 ・バイオケーンには『クライオクロー』
をもれなくプレゼントいたします。

東栄だけのオリジナルキャンペーンのため
ご注文の際には必ず「東栄の『買うなら今でしょ』キャンペーン」
とお伝えのうえ、キャンペーン専用品番でご注文願います。

【キャンペーン概要】
 ●対象商品:ローケータープラス・バイオケーンの本体セット
 ●期間:2014年3月31日までのご注文分
 ●ご注意:詳細は下記キャンペーンサイトでご確認ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キャンペーンサイト ⇒ http://www.labinox.co.jp/can03.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼締切が近づいています!ぜひお気軽にお問い合わせください▼

─────────こちらからお問い合わせください─────────


東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。
【理化学製品】凍結保存容器ローケーター小型電気炉恒温水槽嫌気性チャンバーPFA容器遠心瓶

こんにちは。コードNo003です。
から梅雨といわれた関東地方の空にもようやく雨、
この時期に問合せが多くなるのが
凍結保存容器ローケータープラスのセンサー(レベルモニター)の異常。

レベルモニターは
蓋の裏側から容器内の液体窒素液面に向かって超音波を発信し、
液面に反射して戻ってくる時間から
液体窒素残量を蓋に表示するというものです。

ただ、湿度が高いこの季節ともなると、
『液体窒素を入れてすぐなのに残量ゼロになってしまう』
といったお問い合わせも増えてきます。

その時には、蓋の裏側をぜひチェックしてみてください。
この時期特有の湿気がレベルモニターのセンサー付近で霜になり
支障をきたしていることもありますので、
その時はこの解決例を参考にご覧ください。

ローケータープラスの製品詳細はこちら⇒ローケータープラス

ケーンで保存する凍結保存容器もございます⇒バイオケーン


東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。
【理化学製品】凍結保存容器
ローケーター
小型電気炉
恒温水槽
CO2インキュベーター
嫌気性チャンバー
PFA容器
遠心瓶

こんにちは。コードNo003です。

先日、iPS細胞研究所所長の山中教授がノーベル賞を受賞され
その話題で理化学関連株が値上がりするなど
医学だけでなく様々な分野で明るいニュースが報道されていますが、
弊社取扱製品の凍結保存容器ローケータープラス
山中教授の研究に使用されています。

細胞・組織・ワクチンなどの安定保存が可能で、
iPS細胞研究をはじめとして幅広く使用され、
畜産関係においても人工授精サンプル保管などにも活用されています。


製品の詳細情報はこちら⇒ローケータープラス
ローケーターの他にも凍結保存容器がございます⇒バイオケーン

東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。
【理化学製品】凍結保存容器ローケーター小型電気炉恒温水槽嫌気性チャンバーPFA容器遠心瓶

こんにちは。コードNo003です。
この湿度の高さ、ほんとに梅雨のジメジメときたら。。。
ココロもカラダもスキッっとしないですねぇ。

この時期に問合せが多くなるのが
凍結保存容器ローケーターのレベルモニター蓋の異常表示。
『液体窒素を入れてすぐなのに残量ゼロになってしまう』
というお電話をいただくこともしばしば。

その時には、蓋のウラをぜひチェック。
この時期特有の湿気がレベルモニターのセンサー付近で
氷結してしまって異常表示されることが...
そんな時はこの記事をチェックしてみてください。
 ⇒レベルモニター異常表示の解決案


製品詳細は⇒ローケータープラス

関連製品⇒バイオケーン

こんにちは。コードNo003です。

いよいよ冬の足音が聞こえてきました。
そして気付けば、もう11月...
正月に立てた今年の目標、振り返って虚しくなる時期でもありますね。
財布の中も冬の寒さ。こちらも虚しい限り?

さて、当社の取扱製品で冷え冷えといえば...
そう!凍結保存容器のローケーターとバイオケーン。。。
1年間の保証期間があるのはご存知でしょうか?
この保証登録ですが、実は当社webからもご登録いただけます。

その際、シリアルNoをご入力いただくことになるのですが、
お客様から「どこにあるの?」というご質問をいただくことがあります。
↓このあたりの         ↓ここに記載されています。

お間違いのないようにご登録ください。

また販売店様におかれましては、販売の際に
1年間のユーザー保証期間があることをお伝えいただければ幸いです。

登録はこちらから⇒ローケーター・バイオケーンユーザー保証登録

日頃よりローケータープラスをご利用いただきありがとうございます。
ローケータープラスには、容器内の液体窒素残量がわかる
レベルモニター付の機種も取り扱っております。

そのレベルモニターのことで「残量表示がおかしい」
というお問合せをいただくことがしばしがございます。
その中で技術セクションから対処法に関する話題がありましたのでご紹介します。

レベルモニターは、蓋の裏面にあるセンサー部分から出た超音波が
液面に反射して戻ってくる時間を感知するという仕組みです。

蓋を開け閉めするうちに空気中の水蒸気が
センサー付近に霜となって付着してしまい
超音波をキャッチできなくなることがございます。
特に湿度が高い日本の梅雨時期にはこのようなことも珍しくありません。

そんな場合には、
キムワイプのようなものを蓋の上に敷いて、
 温度が上昇しないように厚手の本などで口をふさぎます

②蓋(特にセンサー部付近)に付着した霜が解けて乾燥するのを待ちます
③乾燥したら蓋を元に戻してレベルモニターのリセットボタンを押します

この作業でリカバリーできることがありますので
故障かな?と思った場合は参考にしてみてください。
頻繁に開け閉めしている場合に特に多いようです。


仕様などは製品紹介ページへ⇒凍結保存システム/ローケータープラス

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちサーモライン/研究機器カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサビレックス/PFA製品です。

次のカテゴリはシェルラブ/CO2インキュベータです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。