2008年4月アーカイブ

今回はグルンドフォスポンプのステンレス製水中ポンプAPをご紹介します。
AP-001.jpg


主に

  • 地下水の排水

  • 排水溝からの排出

  • 雨水・湧き水からの排水

  • 池・タンクからの排水

に使用されていますが、吸込口にサクションストレイナーを設けているので、
池などの自然環境でありがちな大きな異物の混入を防ぎます。


液温も0~55℃まで対応。3分以内の運転なら70℃まで使用可能です。
さらに

  • 外部の制御盤とフロートスイッチによる自動運転

  • 制御システムのないマニュアル運転

と、自動運転とマニュアル運転を選べるようになっています。


ストレイナー部分が浸水していればOKなので縦置きにすればかなり底まで
吐出しが可能です。
また、軽量で持ち運びが可能なので、底部にいくつも窪みがある場所や、
仕切られている場所にはかなり有効です。
もちろん備え付け運転も大丈夫です。
AP-002.jpg


仕様などは製品紹介ページへ⇒ステンレス製水中ポンプAP

今回はグルンドフォスポンプのモニタリングポンプMP1をご紹介します。


MP1 は正確で効果的な地下水のサンプリングを行うために設計・
開発された超小型うず巻ポンプで、地質調査会社や各工場などで
使用されています。
ただ、この製品を購入されるユーザー様は使用内容について教えて
いただけないケースも多く、マル秘だったりすることも多いようです。


特長としては、ポンプ外径が45mmとコンパクトなため、直径50mm
の部分でも降下・引揚げが楽々行えます。
そして、降下用のケーブルとビニールホースは10m単位、なんと90m
まで対応しているので、かなり深い部分まで調査が可能です。
MP1-002.jpg


ただし、砂などの異物が入ってしまうと寿命が短くなるので、降下箇所
の状況や底部の砂の引き込みなどに注意して、降下させることが
必要になりそうです。(許容最大砂量:50g/平方メートル)


仕様などは製品紹介ページへ⇒モニタリングポンプMP1

新入社員様が入られた会社様も配属先が決まりそろそろ...という頃では
ないでしょうか。今年は「カーリングタイプ」だそうで。
皆様の会社でも「俺はアナログタイプ」とか「若い奴はデジタルタイプだ」
なんて言ってませんか?


ということで(?)、今回はグルンドフォスポンプのデジタル定量ポンプ/
DMEシリーズをご紹介します。
DME-001.jpg


定量ポンプは各メーカー様がしのぎを削って開発されていますが、
このポンプの特長としては、

  • 大流量である

  • 調整範囲がデジタルで1/1000である(一部除く)

というところでしょう。


ボタン式のコントロールパネルに毎時何ミリリットル・何リットルの薬液を
注入したいかをパネルに入力するだけで、脈動を抑えたスムースかつ
繊細な薬注をおこなってくれます。
最小タイプは0.04~41.7ml/分、最大タイプは20ml~15.6L/分と、様々な
タイプがそれぞれ幅広い吐出量調整範囲を持っているため、幅広い用途
にも対応できます。


仕様などは製品紹介ページへ⇒デジタル定量ポンプ/DME

桜の時期もあっという間に過ぎ、花粉症の方にはお気の毒ですが、一
年で一番すがすがしい季節になってきました。そんなことはさておき、
今回はグルンドフォスポンプの高圧クーラントポンプMTSシリーズをご
紹介します。
MTS-001.jpg


私達の生活のそこここで数多くの精密部品が使われていますが、その
製造には微細な誤差も許されない金型などの金属加工が必要になり
ます。
そんななか、工作機械においては切削速度や送り速度の向上、より
長い工具寿命、プロセス信頼性の改善などの技術革新が進み、これ
らの要求に応えられる高性能なクーラントポンプが必要とされている
ようです。


MTSシリーズは各種工作機械、クーラント搬送装置や、切削・研削・
深穴加工等に用いる水溶性クーラント及び油性クーラントの高圧搬送
に優れたポンプで、使用液による材質の劣化が少ないポンプです。


また、ベースメタルには特殊鋼を採用。イオンプレーティング(PVD)
を施したスピンドルに硬質ハウジングを組み合わせた長寿命設計で、
最高水準の表面硬度と適度な弾力性を兼ね備えたことで耐久性
高まっています。(ちょっと見にくいですがこんな感じ↓です)
MTS-002.jpg


まさにマシニングメーカーをターゲットにした製品とも言えるでしょう。


仕様などは製品紹介ページへ⇒高圧クーラントポンプMTS

つい最近、自転車で隅田川に桜を見に行く途中、年配の方が手漕ぎ
ポンプでジャバジャバ水を汲んでいる姿を見て、ノスタルジーを感じ
てしまいました。でも、ああいうポンプの吐出口にタオルが垂れ下がっ
ているのは、何の意味があるんでしょうね。


さて、今回はポンプはポンプでも、グルンドフォスポンプの浸漬型クー
ラントポンプMTRシリーズをご紹介します。
MTR-001.jpgMTR-002.jpg


MTRはタンク上に直接設置し、ポンプ部をタンク内使用液に浸漬する
形状に設計されています。豊富なポンプサイズとインペラ段数の組み
合わせにより、広範囲での流量と圧力、浸漬長さの選定が可能な機
種です。また、安増防爆対応ができます。


用途としては、クーラント液・潤滑液・洗浄液などの加圧・循環・移送に
使用され、放電加工機・NC旋盤・マシニングセンター・冷却装置・工業
用洗浄装置、また、各濾過装置にも適用しています。


適用流体は清水・水溶性・油性切削液など。また非爆発性で化学的に
ポンプ材質を汚染しない液体となります。その他にも様々な要素があり
ますが、最も重要なことは塩化物の含有量・pH値・液温・溶剤および油
等の含有量などが大きなところです。
他にも、腐食性の高い液体はステンレススチール表面の酸化皮膜を破
壊・腐食させることがあるので注意が必要です。


仕様などは製品紹介ページへ⇒浸漬型クーラントポンプ/MTR

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。